子どもの姿勢が気になる

こんにちは。今日は冷たい雨のお天気になってしまいましたね。アメリカロルフインスティテュート公認ロルファー永井宏実です。

先日、子どもさんの姿勢が気になる。というご相談を受けました。

整体に通われて、その時は改善したのだけれど、また元に戻ってしまったと。
子どもさんのために、できる限りのことはしてあげたいという親心ですよね。気が付いた時点で、手を打っていただければ、改善は早いと思います。

ただ、お子さんのその姿勢、昨日今日で身についたものではありません。

だから、直す方も、長い目で見守ってあげる必要があります。
また、骨格にばかり目を向けるのではなく、普段の生活の中で、どう対応していくかが、子どもさんにとっては非常に大きなことになります。

その時は、ご相談のお子さま本人がいらっしゃらなかったので、一般的なお話しとして、お伝えしたことは、

①椅子に座っているときに、足がついているか。
 ただ、足が付く位置に、足置きがあるということではなくて、お子様の足が、まっすぐ前を向いて、かかともつま先も、きちんとついているか。外側や内側に倒れたりしていないか。

②骨盤が立つように、座骨の前の方で座れているか。
 骨盤が倒れていると、必然的に背中が丸まります。まだ筋力も少ないお子さんの場合は、骨盤を立てた姿勢を続けることも難しいので、仙骨をサポートするようなイス・補助イスなどを利用するのもひとつかなと思います。

③お子さんの姿勢が崩れると、将来どんな悪影響がでるかを、親御さん自身がきちんと理解して、改善するためにサポートできるか。
 お子さん自身に、そんな姿勢だと、肩こりになるよー。とか腰痛になるよー。とか言っても、まだわかりませんよね。そこはやはり親御さんが、理解してもらって、子どもにそんな思いをさせたくないという信念を持って、サポートしてあげてもらいたいなと思います。

お子さまの姿勢の改善は、すぐに効果が出る部分と、長期戦になる部分がありますので、しっかり見守ってあげて欲しいです。

それから、今はいろいろな便利ツールがあって、どれを選んだらよいかわからないことも多いですよね。そんな時は、お気軽にご相談いただけたら嬉しいです。



お申込み、お問合せはこちら

mail:rolfingkoru@gmail.com

LINE@からのお申込みで割引あり

LINE@を登録



関連記事

  1. 痛くないのに、痛い

  2. ママたちのパフォーマンスアップ

  3. 大阪で2つのカラダメンテ

  4. 感じて知って整えてから、動く!

  5. ロルフィングを受ける際の服装・環境

  6. 生理前のカラダの変化

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。