大阪で2つのカラダメンテ

おはようございます。米国ロルフインスティテュート公認ロルファー・ロルフムーブメントプラクティショナー永井宏実です。

昨日は、久しぶりに大阪行ってきました♪

1つ目の用事は、マイロルファーりつこさんから、セッションを受けること!
私が、最初にロルフィングを受けたのも、りつこさんからでした。
それ以来、ずっとお世話になっています。自分でもメンテナンスできるのですが、どうしても主観的になって、一つの感覚に固執してしまうので、客観的に見て、施術してもらうことも、時には必要です。

私は、もう数えきれないくらいロルフィングセッションを受けているので、りつこさんとのセッションも、レシピにのっとったものではなく、即興的なものです。

今回は、右ひざが気になるという私の感覚にたいして、カラダの右サイドはだいぶ短くなってる。という見立てでした。特に、腰回り短さに起因して、上半身の奥行がなくなっていることと、足のアーチが落ちているせいで、ひざに違和感があるのかな?ということでした。

そういうわけで、少し足の骨格モデル見ながら、踵骨について確認。その後、かかとってどこまでなの?本来の形としては、どうあるべきなの?そして動きの方向性はどうなのか?というのを、言葉の誘導によって、カラダで感じていきます。

今回、新鮮だったのは、矢状面での踵骨の動きの感じ方でした。それと、同様に寛骨、肩甲骨も、矢状面で同様の動きをするイメージをすると、あれあれあれ?アーチが戻り、腰に奥行きが出て、肩が楽になりました。

水平面での動きというのは、常に意識していますが、矢状面でのその動きがあるからこそ、結果としてリフトがある。という感覚は、とても新しく、私に欠けていたものだったなーと感じました。
ベッドワークは、りつこさんいつものガッツリワークで、悶絶しながらも(笑)、構造の変化を実感しました。

あー、やっぱりロルフィング楽しい!

そして二つ目の予定は、スポーツリズムトレーニングのディフューザーブラッシュアップ講習会。
1月に受けた、ディフューザー講習会のメンバーが、とても熱心な方たちで、ブラッシュアップして欲しいという要望に、インストラクターの方が応えてくれました。しかも、今回はダブル講師という贅沢な時間♪
指導するにあたって、どんな流れで、どんなことを注意してやるかなど、すでに指導を始めているメンバーだからこその、お悩みを解決してもらいました。
スポーツリズムトレーニングも、楽しい~~♪
もっともっと、広めたいですね。

ロルフィング®のお申込み、お問合せはこちら

mail:rolfingkoru@gmail.com

LINE@からのセッションお申込みで割引あり

LINE@を登録



関連記事

  1. カラダの可能性を感じるセッション

  2. 痛くないのに、痛い

  3. 首こりはロルフムーブメントで解消!

  4. 気持ちの比重の変化

  5. ロルフィング!ドルフィングじゃないって!!

  6. 6月2日、気軽にロルフィング体験のチャンス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。