ロルフムーブメント®

おはようございます。米国ロルフインスティテュート公認ロルファー・ロルフムーブメントプラクティショナー永井宏実です。
大津市浜大津、静岡県磐田市にて活動しています。

昨日は、ワクワクなお話を伺いに、京都へ行ってきました!
このところ、ほんとにいろんな嬉しい出来事が多くて、毎日楽しいです(笑)

その中でも、ロルフムーブメント®のグループレッスンをもっと活用していけそうだなーと感じる場面が多くなってきました。

となると、ロルフムーブメント®を、もっとわかりやすくお知らせする必要がありますね。ロルフィング®に関しては、日本ロルフィング協会が作成したパンフレットで概要はご説明できるのですが、ロルフムーブメント®については、そういった公の書類ってないですし、そもそも、ロルフィング®以上に、アプローチの仕方が多岐にわたっていて、これ説明できるのか?!という感じですが、分かりやすくご説明できるようにまとめなくては!と思っています。

簡単に言うと、プリムーブメント(動きの前の動き)を変えていくアプローチです。

「カラダの使い方のクセ」と一言で言っても、いろんなことを表していて、いつも肩を上げて話していたり、右に頭が傾いていたり・・・・という目に見えるものから、腕を上げる動きの際に、一番最初に動き出すのは反対の脚のふくらはぎになりますが、そのふくらはぎの動き方であったり。
このレベルになると、自分が意識してどうにかできるものではないので、ある程度落ち着いた環境で、しっかりとリリースした後で、動きをスタートさせながら感じていく。ということが必要になります。

プリムーブメントが変わると、何が変わるか?
動きの”質”が変わります。”質”が変わると・・・・普段の動作が楽にできたり、スポーツなら、パフォーマンスアップしたり。その積み重ねで楽なカラダへ近づいていきます。

というようなことを、さらに分かりやすくまとめていきます!(笑)

ロルフィング®、ロルフムーブメント®のお申込み・お問合せは、
こちらからどうぞ⇒コンタクトフォーム

最新予約状況、お役立ち情報満載?!のLINE@からのセッションお申込みで割引あり
お友達追加

関連記事

  1. 前かがみ姿勢がこわい

  2. 憧れの背中と・・・

  3. 周りで筋トレブーム?!

  4. 絵に描いた餅

  5. 姿勢と歯並びの関係

  6. 感謝の一日

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。