自分の動きを客観的に見てみた

おはようございます。米国ロルフインスティテュート公認ロルファー・ロルフムーブメントプラクティショナー永井宏実です。
大津市浜大津、静岡県磐田市にて活動しています。

先日、所属するバレーボールチームで練習試合があり、反省のためにビデオ撮影していたものを見ました。

今の子ども世代は、ビデオに撮られ慣れてますが、私たち世代は、なかなかビデオ撮影されることないですよね。
貴重な映像ですが(笑)、自分が動く姿を客観的に見て、まぁイメージとだいぶ違うな~と感じました。

ビデオのスイッチ押して走り去る後ろ姿なんか、背中をすっかり忘れてしまっていて、仙骨が動いてない!
きっと、バレーボールしている間も、この程度の稼働域なのだろうな~と思うと、自分の守備範囲の狭さも納得できます😢

バレーボールしていると、どうしても前からのボールに集中してしまうあまり、後ろの動きが出にくくなるのでしょうね。
でも、普段テレビで見ている、全日本のバレーボール選手の皆さんは、そんなことない。
ちゃんと全身を全方向に使っていると感じます。そうでなければ、あの動きはできませんもんね。

44歳の私、自分の伸びしろを見つけてしまいました(笑)
次の練習では、軸を持ちながら全身をしなやかに、を意識して取り組んでみようと思います。趣味のバレーボールでも、実験の繰り返しです♪
実は、先日痛めた膝の治りが悪いので、そろそろバレーボールは引退しようかなぁなんて考えていましたが、もう少し、バレーボール続けてみようと思います。

2020年1月の予定

ロルフィング®、ロルフムーブメント®のお申込み・お問合せは、
こちらからどうぞ⇒コンタクトフォーム

もしくは、最新予約状況、お役立ち情報満載?!のLINE@登録はこちら。
LINE公式アカウントからのセッションお申込みで割引あり
お友達追加

関連記事

  1. ラグビー、ウェールズ代表に会いに💛

  2. 6月29日、30日静岡セッションです

  3. このまま枯れていくのを受け入れるだけなのか?!

  4. 熱い思いで

  5. ラグビーファンゾーンとジャイロトニック

  6. なぜいつもしんどいのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。