膝ロックの弊害

こんにちは。女性専用ロルフィングルームKoru 永井宏実です。
(米国ロルフインスティテュート公認ロルファー・ロルフムーブメントプラクティショナー)
大津市浜大津、静岡県磐田市にて活動しています。

※現在、静岡県磐田市でのセッションは、おやすみしています。

膝ロックして立っている人、多いですね〜。
かくいう私も、もしかしたらそうだったのかな?💦

これは本当に長い間続けている習慣なので、コツコツ変えていくしか方法ないんですけど、膝ロックすることで、様々な弊害がありますよね。

骨盤が前にシフト、お腹がぽっこり出る、バランス取るために肩がんばる、頭前に。

のような感じ。カラダは、重力に負けてバタンと倒れないように、あちこちで辻褄を合わせていきます。
そして悲鳴をあげるのです。

ぎっくり腰や、寝違えや足がつるなんてことは、カラダのサインですよね。
何かおかしいよ?と訴えている。
そこと向き合わないのは、自分をたいせつにしていません。

なぜカラダは二の次なんだろう・・・・

カラダは消耗品ではなく、たいせつなパートナーなのに。

お申し込みをいただき、ありがとうございます。
身体・心のプロの皆さんの、ロルフィングへの関心の高さを感じています。
オンライン ロルフィング ムーブメント体験レッスン

ロルフィング®、ロルフムーブメント®、オンラインレッスンのお申込み・お問合せは、
こちらからどうぞ⇒コンタクトフォーム

もしくは、最新予約状況、お役立ち情報満載?!のLINE@登録はこちら。
LINE公式アカウントからのセッションお申込みで割引あり
★ロルフィング情報お友達追加

☆バランスボール情報お友達追加

関連記事

  1. 忙しいから

  2. 変化するって並大抵のことではない

  3. 新春キャンペーンを企画中

  4. どのレベルまで自分の思い通りにカラダを動かせるか

  5. 内側を観察してみる

  6. 5月はイベント月間

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。