体育なし、理科の実験なし、休み時間短縮

こんにちは。スキンケアのようにカラダケア習慣を!女性専用ロルフィングルームKoru 永井宏実です。
(米国ロルフインスティテュート公認ロルファー・ロルフムーブメントプラクティショナー)
大津市浜大津、静岡県磐田市にて活動しています。

※現在、静岡県磐田市でのセッションは、おやすみしていますが、再開予定です。お気軽にお問い合わせください。

私が住んでいる滋賀県も、緊急事態宣言が延長されました。
どことなく息苦しい日々が、続いています。

小学校も中学校も、午前授業で給食を食べて帰宅するという、めっちゃ楽な毎日のはずなのに、子供たち、めちゃくちゃ疲れて帰宅します。

理由は、なんとなくわかる・・・

体育なし。理科の実験なし。校外学習なし。休み時間短縮。昼休みなし。
無言で給食食べたら即帰宅。帰宅後も友達とは遊べない。。。

今の時代に生まれなければよかった

と、先日つぶやいた息子。そんなことを思ってしまうなんて、胸が押しつぶされそうです。だから、家はいつも子どもたちの安全基地でありたい。

そして、家を守っているお母さんたちのココロとカラダの健康も、心配。

夏休み期間中、家族以外の大人としゃべる機会が激減して、これって産後すぐの状況と似てる!と思ったんですが、やはり、人と喋るのって、ほんとに大切。

考えたこと、感じたことを、”言葉にして音として”外に出すことのチカラを感じました。

とはいえ、しゃべる相手いないしって時の、運動のチカラも。


カラダを動かすことに無我夢中になることで、脳がリフレッシュされますね。
これはデジタル機器に夢中になることでは得られないです。

そうだ。子どもたちと外遊びしよ〜

対面での、ロルフィング®、ロルフムーブメント®、オンラインレッスンのお申込み・お問合せは、
こちらからどうぞ⇒コンタクトフォーム

もしくは、最新予約状況、お役立ち情報満載?!のLINE@登録はこちら。
LINE公式アカウントからのセッションお申込みで割引あり
★ロルフィング情報お友達追加

☆バランスボール情報お友達追加

関連記事

  1. 手放すものと、新たな気づきと・・・

  2. 足の機能を知り、生かせているか?

  3. ロルフィングの効果

  4. カラダの可能性を感じるセッション

  5. 揺れる9月

  6. 6月2日、気軽にロルフィング体験のチャンス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。