痛くないのに、痛い

今日は、どんなに動いても寒い一日でした。

こんな寒い日には、数年前の冬、痛めた腰が痛いような気がしてきます・・・
あの時の記憶が怖過ぎて、鮮明に脳が記憶しているのでしょうか?
なんとなく、痛むような気がして、少し身体を動かすときに、気を付けて丁寧に動いています。

腰の調子は、すこぶる良いので、痛いはずはない。と頭ではわかっているけれど、恐怖心はなかなか消えないものですね。

でも、それ自体は悪いこととは思いません。

だって、自分のカラダを守るための本能みたいなものですから。
今の時期、私は無理しすぎると、あぁいうことになるよ。というのを、身をもって体験しているので、痛みの記憶がよみがえり、無茶な動きをするのはやめよう。と、カラダのケアを念入りにしたり、動くときも少し気をつけて動いたり。

何も感じなければ、カラダに無理をさせていしまい、ガタっときてから後悔することになるのですが、そうなる前に、対応できるので、しばらくは、自分のカラダの反応に付き合うつもりです。

関連記事

  1. 感じて知って整えてから、動く!

  2. お念珠の効果?私の変化

  3. 感謝の一日

  4. お久しぶりの更新

  5. 色んな選択肢を持てるからいい

  6. 今、心とカラダが喜ぶことをする

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。